【3歳4か月】英語でアクティビティに取り組もう!公文式の運筆教材ズンズン以外に始めた幼児ドリル

英語教育

こんにちは、テンママ(@tenmama2020)です。
インスタやってますのでよければフォローお願いします♪

子供の年齢が近い、海外在住もしくは過去に経験あり、英語教育に力を入れている、中学受験を考えている、日々の勉強の様子を記録している等、共通点が多いアカウントはフォロバさせてもらっています♪

次男3歳 公文式の運筆教材ズンズンを始めてから

4か月前までほとどんど放置だった次男ジロウ。
このままではヤバいと公文式の運筆教材ズンズンからスタートしました。

元々左利きだったのですが、現在、鉛筆を握る時はほぼ右利きになりました!
それに影響されてか?食事の際も右利きになりつつあります。

別に矯正したわけではないのですけど不思議ですね。
これは運筆の副効果なのでしょうか?それとも偶然?

公文式の運筆教材ズンズン以外に追加した幼児ドリル

公文式の運筆教材ズンズンを始めて3か月経った頃(取り組む日もあれば、取り組まない日もありました)。
ふと「これだけでいいのかな?」と不安になりまして…。

長男タロウは0歳から保育園に通っていたので園でいろんなことをさせてもらっていたので同様の不安を感じたことはなかったのですが、ジロウは今年の2月から週1回、幼稚園らしきところに通い始めただけ。しかも、コロナですぐに休園(涙)

「もう少し手先を使わせた方がいいかも?」と思ったので、さっそく本屋さんに行ってきました!

近所の本屋さんでは見つけることができなかった公文の幼児ドリル。
街の中心部の大きな本屋さんに行ってようやく見つけることができました。

最初は公文にこだわっていなかったんですけど、それ以外のものがイマイチな内容で…。
やっぱり公文のドリルってよくできているな~と改めて思いました。

以下のドリルを購入しました。当然ながらオールイングリッシュ(英語圏用)です。
どちらかというとお勉強より手先を使う要素多めなので、おうち英語をされていて、英語で何かアクティビティをされたい方にぴったりかと思います。

Are You Ready for Kindergarten? Preschool Skills 

Are You Ready for Kindergarten? Preschool Skills を使った取り組みの様子

384ページとボリュームたっぷり!オールカラーです。
中身はというと、塗り絵(Coloring)、迷路(Pencil Skills)、アルファベット(Verbal Skills)、数(Math Skills)、切る(Scissor Skills)、切って貼る(Pasting Skills)の6種類のアクティビティがバランスよく配合されています。

塗り絵(Coloring)

迷路(Pencil Skills)

切る(Scissor Skills)

ジロウが好きなのは迷路(Pencil Skills)と切る(Scissor Skills)、切って貼る(Pasting Skills)です。
塗り絵はあまりやりたがらないです…なんでかな?
そういえば、ハサミを持つ手も右手になりました!

設問が英語になっているので、英語のできないママさんでも英語で語り掛けながらアクティビティに取り組むことが可能になります。
おうち英語のアクティビティの一つとして、何か取り入れたいご家庭におすすめです。

対象年齢3歳から5歳となっていますが2歳半、早い子なら2歳から可能かもしれません。

その他おうち英語におすすめの公文の幼児ドリル

上記で紹介した「Are You Ready for Kindergarten? Preschool Skills」以外にも購入したドリルがあります。
いずれも公文の幼児ドリルでオールイングリッシュ(英語圏用)です。

Amazonでは在庫によって価格が変動することがありますが、通常なら日本語バージョンのドリルと大して変わらない値段になっていますので、英語でアクティビティに取り組みたい方におすすめです。

Let’s Cut Paper (Kumon First Steps Workbooks)

Let’s Color (Kumon First Steps Workbooks) 

Let’s Fold (Kumon First Steps Workbooks)

AmazonでKumon First Steps Workbooksをチェックしてみる

タイトルとURLをコピーしました